2021年注目の最新Webデザインをピックアップ!

2021.04.09

Webサイトを作る上で、デザインのトレンドが消費者やビジネスにどのように働きかけるのか、常にアンテナを張っておくことは重要なことです。

今回は、2021年に注目 したいWebデザインの人気トレンドをピックアップしました。デザインの事例と共にご紹介します。

ニューモーフィズム

ニューモーフィズムは近年人気が高まっているデザイン手法です。2010年頃に流行った、スキューモーフィズムをよりシンプルにしたスタイルで2021年は特に注目されています。

部分的にドロップシャドウを入れることで、凹凸による奥行きを表現したこの手法は、ミニマルとフラット、両方を融合したスタイルと言えるでしょう。
UIデザインとしての分かり辛さを克服する必要がありますが、新鮮で近代的なデザインはユーザーの目を惹きます。

ニューモーフィズムが使われているWebサイト

アブストラクト・アート+アニメーション

アブストラクト・アートのような抽象図形を用いたWEBデザインは、2021年も高い人気を誇ります。
単純な四角や円だけで構成されたデザインでなく、最近では水滴のようなナチュラルな動きを取り入れた、流動的でシームレスなアニメーションを加えたオシャレなサイトが多数登場しました。
静的なウェブサイトに動きが加わることで見る人の興味を惹き、引き付けるデザインになります。

アブストラクト・アートが使われているWebサイト

目に優しい配色

最近、人々の生活の変化で画面を見続ける時間が長くなり、目の疲れを感じたことはありませんか?そうした理由から、見る人への配慮のある優しいのWebサイトがトレンドとなっています。 背景にグレーを使い眩しさを抑えたり、青や緑など目に優しい色使いにより、ナチュラルで落ち着いた雰囲気の配色が特長です。 近年流行したダークモード同様、UIの配慮を目的した手法と言えます。

目に優しい配色が使われているWebサイト

コミックタッチイラスト

イラストを使用したサイトは以前から注目されてきましたが、その表現方法は様々です。
手書き感のあるラインアートや、ミニマルカラー、アイソメトリックなどのイラストは最近のトレンドと言えますが、2021年には新たにコミックタッチのイラストが多く登場してきました。
企業独自のオリジナリティが表現できるこの手法は、親しみを感じる楽しい雰囲気を演出できるため、最近注目されています。

コミックタッチイラストが使われているWebサイト

3D表現

技術の進歩により、WEBサイトでも表現の幅がどんどん広がっています。
インターネットの高速化も手伝い、3Dのグラフィックを用いたデザインを取り入れる企業が増えました。今まで以上の芸術的な表現が可能になったことで、ユーザーの関心を集めることができるようになります。
それと同時に得られる情報量も増え、UXの向上にも繋がるため注目の手法です。

3D表現が使われているWebサイト

まとめ

今回は気になるWebデザインのトレンドを紹介しました。2021年は新型コロナウイルスにおけるニューノーマルの時代です。
家で過ごす時間が増え、ディスプレイと向き合う時間が増えたことで、WEBデザインのトレンドにも変化が現れ、これからはより人々の生活に寄り添ったデザインが注目されていくでしょう。

私たちは常に最新のトレンドを取り入れ、様々なご提案をしております。 Webサイトのことなら、お気軽にご相談ください。

Share Facebookでシェアする Twitterシェアする
+3

Contact

ご依頼・ご相談はコンタクトフォームより随時受け付けております。

トップに戻る